スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / BLOG TOP△

アメリカ電子渡航認証(ESTA)

ホノルル国際空港

 前回まで『ハワイ入国審査出国審査』を書いてきたところですが、2008年6月3日に、米国土安全保障省(DHS)は、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)の導入を発表しました。


在日米国大使館領事部によると、
 電子渡航認証システム(ESTA)は、米国行きの飛行機や船に搭乗(乗船)する前にオンラインで認証を受けるシステムです。
 ESTA(エスタ)が義務化された後は、ビザなし渡航者はすべて、米国行きの航空機や船舶に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けることが必要になります。
  (ビザを所持して渡米する場合は、ESTA申請は必要ありません。)

 電子渡航認証システム(ESTA)では、米国に出発する前に渡航者の情報をオンラインで提供することになります。
 ESTAの申請は渡航の前であればいつでも申請することができますが、遅くとも渡航72時間前までにオンラインで申請しなければなりません。

 いったん認証されると、2年間(ただし、2年以内にパスポートが失効する場合には、パスポートの有効期限日まで)有効で、期限内であれば何度でも渡航可能です。

 ESTA認証は、8月1日から受付開始で、2009年1月12日からは義務化されます。

とのことです。

 つまり、現在のところ、日本人はビザ免除プログラム(VWP)により、ビザなし(ビザウェーバー)で商用あるいは観光目的でアメリカに入国する場合には、行きの飛行機内でI-94W(出入国カード)を書いて、アメリカ(ハワイ)到着後、入国審査をパスすれば、アメリカに入国できます。

 しかし、来年(09年)からは、事前にESTA渡航認証を受けていないと、アメリカ(ハワイ)行きの飛行機に乗ることすらできないということのようです。
 なお、ESTA認証を受けていても、I-94W(出入国カード)による入国審査はもちろんあります。

 代理申請も可能なようですので、ツアーの場合には、旅行会社が手配してくれるでしょうが、個人手配の場合には注意が必要です。

   (以上は、2008年6月5日時点での情報です。米国大使館等で確認してください)

          ≫≫ アメリカESTA認証と申請方法

ハワイのお得な歩き方

格安ツアーからオーシャンフロント指定まで、幅広い条件で多くのツアーや格安航空券を比較して探すには、やはり『AB-ROAD エイビーロード』がいちばん便利です。
掲載されている旅行会社の信頼性でも1ランク上で安心できます。

クレジットカード附帯の海外旅行保険

 クレジットカード附帯の海外旅行保険の死亡保険金は、何枚持っていても合算されません。
 しかし、死亡保障は生命保険で考えることで、旅行保険で考えることではない気がします(死亡保障って残された遺族の生活のための保険ですからね。なお遺体の輸送などは救援者費用保障です。)。

 これまで死亡保険金の額を競う保険会社が多かったのは、旅行中の死亡保険金なんてめったに支払うことがないので、大きな数字を広告に書いて客寄せできたからです。
 利用者もよく分からずに、死亡保険金の額の大きいものを選びがちでした(つまりは、余分なものに出費させられていたわけです。最近は、死亡保障ゼロなんてのも出ています)。

 思うに、旅行保険で考えることは、健康保険でカバーできない「治療費用」です。
 クレジットカード附帯の海外旅行保険の「治療費用」は、各カードの保障額を合算できます

 より詳しいことは、「海外旅行保険の知識」が参考になります。

世界中の空港で ビジネスクラス用ラウンジが 無料で使えるカード


JCB 『ハワイの風』 更新おしらせRSS

        ※  右上にこのブログ内記事専用の検索窓を付けてます。
          知りたい単語を入れて検索ボタンを押してみてください。

ハワイのお得な歩き方

ハワイのお得な歩き方 ハワイの格安旅行術わたしのサイトです。
  安心でお得なハワイ旅行の
 ための情報を満載しました。

              Keep the NorthShore COUNTRY
     Mahalo


 Comment to this entry 
★ From mahimahi

はじめまして。ブログ村からやって来ました。
この新制度のおかげでI-94の記述の手間が省かれるのかと思ったら
そういうわけではないんですね。まぁ、毎回申請しなければならない
というわけではないみたいですが、これってホントに意味あるのかなぁ。

2008.06.07.Sat / 08:26 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From MakaniーKane

>mahimahiさん
アロハ。ようこそ。
伝染病、逮捕歴、犯罪歴、ビザの取り消しや
強制送還歴の有無なども申告とのことで
日本政府がどのような対応をとるか分かりませんが
問題はいろいろありそうですね。
アメリカ発のプライバシー権、そして、国家主権は
アメリカには通用しないみたいです。

2008.06.07.Sat / 08:40 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Namo

Makani-Kaneさん、ALOHA
オンラインで、しかも英語で申請とは・・・。
できない人がたくさんいそう。

これでまた、ハワイに行く人が減るかも知れませんね。

2008.06.07.Sat / 17:12 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani-Kane

>Namoさん
アロハ。
代理申請可能ということなので
ツアーだと旅行会社がやってくれるかも知れませんが
伝染病、逮捕歴、犯罪歴を旅行会社に知らせること
になるので、これがいいことかどうかは・・・。

いずれにせよ
合衆国様の前では、もはやプライバシー権は、
そんなの関係ねぇ。ですね。

2008.06.07.Sat / 18:40 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From りょうこ

面倒になりますね・・v-12
燃油代も高騰していますし・・

それでも行きたい人は行くんでしょうね
私もその一人ですが

2008.06.08.Sun / 06:15 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From ゆっこ。

いやはや知りませんでしたi-201
オンラインで自分でって所がアメリカらしいですよね。。。
ビザがあっても、一時帰国した時、ちゃんとすんなりハワイへ入れるか心配です~(涙)
時間がかかったり他の部屋へ・・・とか嫌だぁi-183

2008.06.09.Mon / 16:38 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>りょうこさん
パソコンで英語で申請できる人は
それほど負担はないかも知れませんね。
あ。あと逮捕歴とかがない人は。

しかし、これから初めてハワイへ行くという人へは
マイナスの影響がとくに大きいかも知れません。


>ゆっこ。さん
ゆっこ。さんは、だいじょうぶよ~。

でも
ビザがあっても、ドキドキしなければいけないのも
またアメリカらしいですね。

2008.06.09.Mon / 19:38 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From vivnyanco

なんかねー・・・・年々厳しくなりますねー。
ハワイって気軽に行けるイメージだったのに。また再び憧れのハワイの時代になるんでしょうか?(あ、金額的にはもうなってますね)
アメリカって、本当は観光客を歓迎してないんじゃないかと思う事しばしば。
あ、強制送還ネタといえば、お客さんで強制送還された人は居ましたよ。刺青が見えてて、別室に連れて行かれたら、前科ありだったという・・・・
虚偽申告だったので強制送還でした。
あの人・・・もうハワイは厳しいだろうなー・・・・(本人の精神的にも)

2008.06.11.Wed / 15:27 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>vivnyancoさん
アメリカは世界の中心です。
情報は12年間、FBI(だったかな)に保管されるそうですよ。
指紋なども含めると日本政府も持っていない個人情報を
アメリカ政府は持っているということになりますよねぇ。

いやだなぁ。
強制送還ネタはvivnyancoさん自身のじゃなきゃ。

2008.06.11.Wed / 19:38 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From bluesky

こんばんは。

Google検索結果からやってきました。

ESTAの登録を済ましました。
必須項目とオプション項目があります。
必須項目だけで認証承認されましたヨ。


2009.01.21.Wed / 01:21 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>blueskyさん
ALOHA。ようこそ。

当初のものから日本語訳など修正されたりしていますね。
サイトにまとめる時には再確認してみます。

ありがとうございました。
また遊びにいらしてください。

2009.01.21.Wed / 19:22 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
(非公開)

(訂正用パスワード)
  管理者だけが読めるようにする
 Track back to this entry 
     スパムが多いので承認制にしました。
     言及リンクのない場合は、コメントを残してください。
       そうでない場合は削除することがあります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ローンカード特集 トラベルローン 女性ローン 海外キャッシング
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。