スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / BLOG TOP△

沖縄戦

サトウキビ畑
 まもなく日本は敗戦の日を迎えます。
 先の戦争で、本土では大空襲で、そして原爆で多くの方が亡くなりました。

 沖縄では、空襲や艦砲射撃だけでなく地上戦が行われました。「沖縄戦」です。
 民間人を巻き込んだ日本国内での最大規模の地上戦でした。30万人ともいわれる死者のうち7割は民間人だったそうです。

 初めての沖縄旅行、しかも夏の沖縄となれば、エメラルドグリーンの海に目を奪われてしまうことでしょう。
 しかし、どうぞ2度目3度目の沖縄旅行の際には、「戦争」、「沖縄戦」に思いを寄せる場所にも足を運んでみてください。

 沖縄は珊瑚礁が隆起してできた島なので、「ガマ」と呼ばれる洞窟がたくさんあります。ビーチの隅っこにあったりもしますが、入らないようにしてくださいね。
多くの場合、戦争で亡くなった方の骨がそのまま残っていたりしますから。
 「ガマ」には入り口をふさがれたものも多いですが、これは戦争中、米軍がブルドーザーでふさいだ後、火炎放射器を放つと「ガマ」の中が酸欠になって、中に隠れていた人が窒息死するんです。
 (それが今もそのままになっているところもありますし、戦後にふさいだものもあります。)

 BOOMの『島唄』ってありますね。
 「ウージの下で千代にさよなら」という歌詞があります。「ウージ」とはサトウキビです。「ウージの下」は、つまり「ガマ(洞窟)」のことなんです。
 ひめゆりの塔(第3外科壕跡)のそばにもウージ畑が広がり、その下にもひっそりと「ガマ」が残っています(第1外科壕跡)。

 島尻(南部)にある摩文仁の丘に立つと、そこから見える海が青ければ青いほどいたたまれない気持ちになります。

 今、沖縄に暮らしているオジィ、オバァの多くは「沖縄戦」のさなかに青春を送った人達です。
 「友人・知人を置き去りにしなければならなかった。ときには、自分の手で・・・。そして、自分だけが生き残ってしまった。」という思いを背負って生きている人も多いです。
 中には、戦後、「ガマ」へ遺骨を拾いに行かれた方もいるそうです。おさげ髪もそのままに白骨化していて、誰々さんだとすぐ分かることもあったといいます。

 そして、沖縄の若い人達も、オジィ、オバァがそうした思いを背負いながらも生き残ってくれたからこそ自分が存在しているとの思いを、とても強く持っているので、フラフラノンビリ運転するオジィの車の後ろをじっと待っているのでしょう。
  (本土の我々も今一度、自分の存在を考えてみるべきかもしれません。自分が今こうしてあるのは、戦争をくぐり抜けて生き延びてくれた人、そして戦争の犠牲になった人がいるからこそですものね。)

 「ガマ」だけでなく、沖縄の森や林には、いや、時には畑にさえ、まだたくさんの人の骨が埋まっているといいます。
 今も那覇市内の森などでも遺骨発掘と供養が行われています。
 沖縄の「ガマ」や森には、ハブがいるということを別にしても、立ち入らないようにしてください。
     (ハブは那覇周辺だけでも毎年数百匹捕獲されています。)


 学童疎開船「対馬丸」を撃沈した米軍潜水艦ボウフィン号や日本の降伏調印式場となった戦艦ミズーリはハワイ・パールハーバー真珠湾)に博物館として係留されています。
 それにしても、「本土決戦」がなくて本当によかった。もしあったら、わたしのご先祖様も「集団自決」して、わたしは存在していなかったかもしれない。
 いや、「本土決戦」はあり得なかったか。「第三の原爆」は、8月20日までに東京に落とされることになっていたそうですから。
 イギリス首相チャーチルは、「真珠湾攻撃のニュースを聞いて戦争の勝利を確信した。」と回想したといいます。

合掌

沖縄お得情報

 ここでもよく「オジィ、オバァ」と使っていますが、ヘタに「オバァ」なんて声を掛けると「オバァは、80歳以上!」ってにらまれます。と思えば「オバァは、90歳から!」と怒られますので、呼びかける時は気をつけて。
 沖縄のオバァ達は、「戦世(いくさゆー)」も「アメリカ世(ゆー)」も生き延びているので、英語も話せるスーパーパーソン。
 車にも負けないと思っているので、どこからでも飛び出してきます。
 ときには、「せっかく停まったんだから、公民館まで乗せてって」という確信犯的飛び出しもあるそうなので(半分冗談・半分ホント)、よーんな よーんな(ゆっくり のんびり)注意して運転してください。
 道を歩くオバァにクラクションを鳴らすなんてもってのほかですよ。
  沖縄のオバァの「カメーカメー攻撃」の話もいつかしましょうね。

                 山本昌投手、200勝おめでとうございます。
世界中の空港で ビジネスクラス用ラウンジが 無料で使えるカード


JCB 『ハワイの風』 更新おしらせRSS

        ※  右上にこのブログ内記事専用の検索窓を付けてます。
          知りたい単語を入れて検索ボタンを押してみてください。

ハワイのお得な歩き方

ハワイのお得な歩き方 ハワイの格安旅行術わたしのサイトです。
  安心でお得なハワイ旅行の
 ための情報を満載しました。

              Keep the NorthShore COUNTRY
     Mahalo


 Comment to this entry 
★ From Namo

平和祈念公園とひめゆりの塔しか行ったことないです。
今も遺骨拾いは続いてるんですねぇ。
名古屋も空襲がひどかったから、亡くなった方に
想いを寄せてみなくてはいけませんね。
「第三の原爆」も知らなかったです。怖い。

2008.08.09.Sat / 17:08 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From りょうこ

次の世代へ戦争のことを伝えることは私たち大人の
義務だと思います

はだしのゲンや対馬丸、ひめゆりの塔などは子供に是非読んでほしいですね

2008.08.10.Sun / 00:53 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From ゆっこ。

風化して平和な風が吹こうとも、
地に浸み込んだ記憶は決して失う事が出来ないと思います。
この時期毎年涙をぐっとこらえます。
たとえ日本を離れていても。

そういえばUHの図書館にある東京裁判のビデオを
借りて最初から最後まで見た時は、
なんとも言えない現実を感じました。
ある意味ショックでした。
今まで自分の中で写真だけだった東条英機が喋ってるんですもん。

2008.08.10.Sun / 07:14 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>Namoさん
戦争で、一番苦しい想いをするのは
いつも(徴集兵を含めた)一般人ですものね。
沖縄戦で生き残れたかどうかも
まさに紙一重の運命の差なんですよね。
糸数のアブチラガマは、見学のできるガマ
なので、一度行ってみてください。

「第三の原爆」の情報が政府に入ったために
ポツダム宣言受諾が早まったともいわれています。


>りょうこさん
沖縄のオバァ達は、あまり話したがりません。
どうしてなのかもよく分かります。
しかし、もう時間はあまり残ってないですよね。

「戦争に勝ちも負けもない。あるのは滅びだけである。」
(永井隆博士)ですね。
それをこども達に伝えていきたいです。

2008.08.10.Sun / 16:30 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>ゆっこ。さん
東京裁判のビデオを全部見たの。すごいね。
結論だけを受け入れろという裁判ではあったけれど
受け入れざるをえない現実だったのでしょう。
すべての真実を明らかにしなかったからこそ
日本が存続できたともいえそうです。

少なくとも過去の戦争への関心だけは持っておかないと、
いつか自分も戦争で命を失うかもね。

2008.08.10.Sun / 16:33 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
(非公開)

(訂正用パスワード)
  管理者だけが読めるようにする
 Track back to this entry 
     スパムが多いので承認制にしました。
     言及リンクのない場合は、コメントを残してください。
       そうでない場合は削除することがあります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ローンカード特集 トラベルローン 女性ローン 海外キャッシング
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。