スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / BLOG TOP△

英語をどうするハワイ

英語のいらないハワイ旅行?
 「俺はジャンボになってやる」と米国へ役者修行に出た吉田栄作がうらやましかったあの頃、ちょっと英語圏への留学にあこがれていた。
 (その後、栄作が3ヶ月で帰国した時は笑った。どうもビザが必要なのを知らなかったらしい。さすが「ジャンボ」を目指すだけのことはある。しかも皿洗いで生活してたってことになってるよね。不法就労かい?)。

 ワイキキのホテルやレストランでは、日本語が通じる場合も多いとはいえ、ロコの通うプレートランチが食べてみたいなどと思ったら、やっぱり英語が必要です。

 日本語の話せるロコ友達の話では、最近はロコとコミュニケーションをとろうとトライする日本人観光客も増えてきてると感じているようです。
 ただ、道を聞かれて日本語で返事をしているのに、相手の日本人観光客はもうテンパってしまっていて、「日本語で大丈夫ですよ。」というまで必死に英単語を探してるんだよねぇと話してましたけどね。
 一瞬キョトンとした後で、一気に肩の力が抜けていくのが目に見えて分かるそうです。

 わたしも英語の勉強をしたのは、辞書を片手にアメリカの学術書を読むためだけだったので、英会話はさっぱりできません。
 慣用句(句動詞というのかな?)もさっぱり知らない(読めば文脈で分かるけど会話で使うことができない。もしくは、かたい(古典の)言い回ししか知らない)。

 だから読むことは多少できても(ここ数年、忘却加速度がすさまじい。漢字も忘れてるから)、話すのはもちろん聞くのもたいへんです。
 特に電話。電話になると、これは疑問文なのか?とかが気になっちゃって、肝心の単語を聞き逃す(対面なら、相手の表情などで予想がつくから多少は楽。おまけ記事参照)。
 しかも、早く切って解放されたいと思うから、もう聞き直すのも億劫になってくる。電話の後は汗じっとり。

 英語は、「音の言葉」だから音楽のように話されるので、単語の切れ目すら分からなくなってくる(わたしには)。 さらに日本人の耳では、区別できない音とかあるんですよね。
 また、ハワイの英語には、ハワイピジョンやテキサスアクセントといった英語内の方言だけでなく、シェフマブロのフランスなまりとか、フィリピン英語とか、たくさんあります。ハワイロコは「メインランドのハオレ(白人)の発音はよく分かんないんだよね~」って言ってます。
 さらに聞いた話では、英語を話す日系人の間でも、その英語にも東北なまりとか、沖縄なまりとかがあるらしくて、日系人同士でも聞き取りにくいらしい(ほんとかな?)。
 (日本にいるアメリカ人の話す日本語でも、アラバマ風とかボストン風とかあるんだろうか。気にしたことなかったけど。)
   あなたの出身地診断しますよ。
       http://www.gotoquiz.com/what_american_accent_do_you_have

 でもそれだからこそ、英語にトライするには、ハワイはいい環境かも知れません。
 周りが皆クリアな英語を話している中で単語を並べて話すのは勇気がいるけれど、いろんななまりや特徴のある英語が飛び交う中でなら、「単語だけ英語」も単なる個性のひとつ。
 というより、ハワイロコもじつは英文法を知らないんじゃないかと思うので、単語だけでぜんぜんOKです。
 それぞれのシーンに必要な単語を覚えておくか、メモしておくといいでしょう。

 そんな英会話のキモは、まずはあいさつ。スーパーのレジでさえ、お互いにあいさつすることから始まります。
 そして、「プリーズ」と「サンキュー、マハロ」は、文法よりもずっと大事です。
 これだけを忘れなければ大丈夫。たいていは、根気よく、こちらの注文を聞いてくれます。
 英語を話すちょっとの勇気で、ハワイの人の温かさ・優しさを知る機会ともなることでしょう。

 みんな間違えながら覚えていくんだし、間違いをよい潤滑油にしちゃうくらいにゆったりと構えて・・・・・いられるといいんですけどねぇ。
     http://www.youtube.com/watch?v=BMbww-nCVQg (動画)
  (内容;「怪物が来たら『ケツ(Ass)』を蹴ってやるわ。でないと、私の『ケツ』を・・・」 「それは正しくない言葉よ。『お尻』でしょ」 「オ~~ぅ」 )
  そして後日。
     http://jp.youtube.com/watch?v=6Jo0XO4zCP4
  (内容;司会者の「怪物に『ケツ』を蹴られないか心配なの」に対して「そんな悪い言葉はダメよ。」 )

 それから、いっぱい英会話の勉強していったのに、ぜんぜん通じなかったという人もへこむことはありません。たぶん相手が悪かっただけです。
 アメリカ人は、再選2期もつとめたサルおやじ、いや大統領ですら「potato」が書けないんですから、きっと英語なんてろくに知りやしませんよ。

ALOHA

 先日ガッテンを見てたら、人間は相手の話を100%聞き取っているわけではなくて、20%くらい聞き逃しているところを脳で補充しながら聞いているんだそうな。
 しかも音の判断も相手の口の動きも見て総合的に判断してるんだって(無意識のうちに読唇術をしているわけだ)。 実験で「ガ」の口の形をした映像を見せながら「バ」の音を聞かせると、被験者は「ダ」に聞こえてしまう。でも、目をつむって聞いてると、きちんと「バ」って聞こえるんだよ。
 だから電話での英会話は、なおさら難しいんだね。

ALOHA ALOHA

 あるプレートランチ屋さんで、店員の女の子が言った。
「店長、日本人観光客が、『Can I have flies instead of lice?』って言うんですけど。」
 (flies=ハエ lice=シラミ。本当は、ライス(rice) をフレンチフライ(fries)に替えてと言いたかったのよ。)
 その日本人観光客は、わたしかもしれない。というより、文字でじゃなきゃ(口頭では)この笑い話はできない。
 マイキーに『R』と『L』の発音を教えてもらわなきゃ。
 まぁ、書く方も笑ってられないけど。中学の時に、「test」の複数形のつもりで「testes」と書いたからね。「testes」の意味は自分で調べてねぇ。

そして、実は日本語だって難しい。
 「『私は東京に行く』を過去形にしなさい。」との問いに、「私は、江戸に行く。」と答えた中学生。
 わたしが思うに、文法というのは、(日本語、英語問わず)実は内容じゃなくて、文法用語で混乱してたりするのでは。仮定法過去完了って何よ。

世界中の空港で ビジネスクラス用ラウンジが 無料で使えるカード


JCB 『ハワイの風』 更新おしらせRSS

        ※  右上にこのブログ内記事専用の検索窓を付けてます。
          知りたい単語を入れて検索ボタンを押してみてください。

ハワイのお得な歩き方

ハワイのお得な歩き方 ハワイの格安旅行術わたしのサイトです。
  安心でお得なハワイ旅行の
 ための情報を満載しました。

              Keep the NorthShore COUNTRY
     Mahalo


 Comment to this entry 
★ From Shantia

ハワイで生活しているといろんなアクセント&文法の英語を聞きますからねぇ、国際社会のためのいいトレーニングです(苦笑) で、少数派のハオレ達はいつまでたってもアメリカ英語以外のアクセントが聞き取れない、と。

そしてハワイで話されている英語はいろんな言語の単語が混ざりますからねぇ。かなり高い技術が必要です(笑) 「ショーユ」や「ベントー」が通じるし。「ピコ」や「パウ」は知ってて当たり前、の単語。まして「ハオレ」なんて知らないのはハオレだけ!

あぁ、ハワイの英語が恋しいなぁ。

2008.10.14.Tue / 12:55 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>Shantiaさん
日系人の英語にも東北なまりとか、沖縄なまりとかがある
って聞いたことある?

シャーちゃん達にはどんな割合で使ってるの?
やっぱりハワイ語は減りましたか。

ハワイはまだ半年先だもんねぇ。

2008.10.14.Tue / 19:11 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From プルメリア

英語もネイティブでもそうでなくても訛りありますもんね。
ハワイのピジョンはあまり訛りを感じないけど
本土は東海岸の人の英語は聞き取れません・・・。

そんなワタシの英語は【自分の要求だけ】を通すレベル(笑)
4泊6日のハワイでは全く困りませんのよ。
おほほほほー。

姐さん、学術書とはすごいですな。
私、日本語でも読めないかも(汗)

2008.10.16.Thu / 19:09 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>プルメリアさん
師匠もやっぱりジャンボを目指してたの?
今でも留学したいなぁなんて思うよ。
英語が聞ける人話せる人が本当にうらやましいもの。
じいさん達の書いた英語しか触れてないからさぁ。

法律の学術書は、英語が分かれば英語の方が簡単かも。
表現のパターンがあるしね。
日本の博士達の書く学術書は、日本語が分かりにくいのよねぇ。

2008.10.16.Thu / 21:03 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From ルンルン

私はアメリカ本土で英語を習ったので、ハワイに来た時に、あまりのなまりの強さにびっくりしました。しかもその当時は日焼けしてたので、絶対にロコに間違えられてたし、みんなロコ同士の様に話かけてました。
マウイ出身の友人のおばあちゃん(日系2世、多分80才くらい)と電話で話した時は、オアフのとは、全然違ってました。マウンテンなまりと日本語ぺらぺらの友人は行ってました。
その彼は、小学生の時に、マウイから横須賀の基地に引っ越して学校に行き始めた時に、学校の先生からお母さんへ電話が入り、「家庭では何語を話してますか?ESL(外国人用の英語クラス)に入る必要があります!」と言われたそうです。当時、彼は日本語が全然出来なくて、家では英語=ピジョンイングリッシュだったそうです。
島の人はアクセントが違いました。沖縄みたいですよね~

2008.10.24.Fri / 04:18 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>ルンルンさん
ハイタイ。
ハワイピジョンは、ESLの対象だったのですね。
しかも「何語」といわれるくらいの。わはは。

島が違うと言葉も違う。ほんとに沖縄みたいですね。
沖縄は、糸満と与勝でさえ通じないらしいですが。

2008.10.25.Sat / 19:06 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From maka

同じハワイでもピジョンを話す人もいれば
そうでない人もいます。
民族、育った地域などにもよるようです。

2009.04.10.Fri / 11:58 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>makaさん
こんにちは。ありがとうございます。

そうですよね。
ハワイは、ほんとにたくさんの人種、民族、出身地
のばらばらな人たちが集まっていますから
言葉もその数だけあるといってもいいかもしれません。

そして、時間がたてば、それらが融合して
さらに新しい言葉が生まれることでしょうね。

2009.04.10.Fri / 19:36 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
(非公開)

(訂正用パスワード)
  管理者だけが読めるようにする
 Track back to this entry 
     スパムが多いので承認制にしました。
     言及リンクのない場合は、コメントを残してください。
       そうでない場合は削除することがあります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ローンカード特集 トラベルローン 女性ローン 海外キャッシング
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。