スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / BLOG TOP△

タバコを吸ってるんだから

 沖縄へ出かける前のことですが、父の今後の治療についての話し合いがありました。

 CT画像には、約50年の喫煙歴から肺気腫が肺全体に見られるばかりでなく、肺線維症間質性肺炎)の疑いもある影が映っているということで、使える抗がん剤の種類は(通常の)半分しかないと告げられました。

 喫煙は、肺がんをもたらしたばかりか、その治療の選択肢をもどんどんと奪っていきます。

 肺線維症に加えて大きな肺がんができているのですから呼吸困難にならないほうがおかしいくらい。
 わたしも以前から父の呼吸が浅く頻繁なことや息切れも多いことに気付いていました。
 ところが、こう考えてしまったのです。
「タバコを吸ってるんだから息切れがあっても、それが普通」 と。

 いま後悔とともに、どうしてそんな風に考えたのかが不思議でならないのです。
 喫煙していない人でセキが続けば、きっと病院に行くでしょう。
 しかし、喫煙者は「タバコを吸ってるんだからセキが出るくらい当たり前のこと」というように、病変を疑うべき症状なのに「タバコを吸ってるんだから当たり前」で済ませてしまいがちになるのです。
 当時は、何の不思議もなくそう思っていたのです。本人も家族も。

 「喫煙者の論理」なのでしょうか。これも喫煙の弊害のひとつだと思います。

 むしろ「タバコを吸ってる(吸ってた)んだから、なおさら病院で見てもらわなきゃいけない。」と考えるようにしてください。
 それが肺がんの早期発見につながります。
 また肺がんではないとしても、肺気腫肺線維症間質性肺炎)など重大な病気の可能性もあります。

 ほかにも「喫煙者の論理」は見直してみる必要があると思います。
世界中の空港で ビジネスクラス用ラウンジが 無料で使えるカード


JCB 『ハワイの風』 更新おしらせRSS

        ※  右上にこのブログ内記事専用の検索窓を付けてます。
          知りたい単語を入れて検索ボタンを押してみてください。

ハワイのお得な歩き方

ハワイのお得な歩き方 ハワイの格安旅行術わたしのサイトです。
  安心でお得なハワイ旅行の
 ための情報を満載しました。

              Keep the NorthShore COUNTRY
     Mahalo


 Comment to this entry 
(非公開)

(訂正用パスワード)
  管理者だけが読めるようにする
 Track back to this entry 
     スパムが多いので承認制にしました。
     言及リンクのない場合は、コメントを残してください。
       そうでない場合は削除することがあります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ローンカード特集 トラベルローン 女性ローン 海外キャッシング
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。