スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / BLOG TOP△

黒糖 ~沖縄土産

沖縄はキビ刈りシーズン
 民主党の「高速道路無料化」をどう思いますか。しかも一部区間のみの実施なんて。
 結局は、NEXCO(高速道路会社)が甘い蜜を吸うだけじゃないの。
 だって、(無料化する)不採算道路の借金は税金で払ってもらって(これまでも東名、名神などの利用者が不採算道路の建設費を払っているようなものでしたが)、東名や名神などのぼろ儲け路線の通行料は丸獲りできるんだもの。
 そもそもは東名や名神などの建設費償還がすんだ高速がいつまで有料なんだというのが出発点だったはずなのに。

 さて、甘い蜜といえば、沖縄土産の定番黒糖』です。

 今、沖縄はキビ刈りシーズン真っ只中(1月~3月)です。
 製糖工場が稼動している内に出荷しないといけないので、3月末までサトウキビとの格闘が繰り広げられています。
 サトウキビは、沖縄口では「ウージ」と呼ばれ、キビ刈りは「ウージトーシー(キビ倒し)」といいます。
 キビ刈りはとんでもない重労働です。
 キビ刈りを体験してはじめて沖縄の心を語る資格があるとかどうとか。もちろんわたしもやりましたよ。3本だけね~。
 以前は手作業がほとんどだったので、「ゆいまーる」といって、隣近所で助けあって共同作業で収穫しました。最近ではハーベスターと呼ばれる刈り取り機械も入ってますが、手作業でやっているところもまだまだあります。

 この時期の沖縄の道路には、画像のようにサトウキビを満載したダンプがバンバン走り(スピードも容赦なし)、落っことしていった(落としてもおかまいなしなので車間距離に注意)サトウキビがあちこちでペシャンコになってます。
 初めて見たときは、「わっ、ハブがひかれてる?」って思いました。これまたスリップの原因にもなりますから要注意です。

 収穫されたサトウキビの絞り汁をじっくり煮詰めてできるのが『黒糖(クルサーター=黒砂糖)』です。
黒糖』は、沖縄の最もメジャーなお茶うけです。
 おばぁに招かれて家におじゃますると、いつも縁側にお茶と黒糖がセットで置かれています。

 沖縄のスーパーでは必ず菓子売り場に『黒糖』コーナーがあって、10種類くらいのメーカーの『黒糖』が並べられて売っています。
 正直どれがいいのか分からない。原材料が「サトウキビ100%」ってのが一番らしいけれど高いからねぇ。スーパーで見つかるのはたいてい糖蜜が加えてあるけど、糖蜜じたいはサトウキビから取ったものだし(精白糖と分離させたもの)。
追記;
 さらに「含蜜糖」、「分蜜糖」と原材料表示されているものもあります。
 「含蜜糖」は、サトウキビの絞り汁です(「含蜜糖100%」は「サトウキビ100%」と同じです)。
 他方「分蜜糖」は「糖蜜」を分離した精白糖のことなので、精白糖を後で加えたということです。
 サトウキビから精白糖と糖蜜とに分離させたものを後で再び混ぜ直すというのがよく分かりませんが(サトウキビ以外の精白糖を混ぜるってこと?)、とりあえず「分蜜糖」は入ってないほうが良い物みたいですね。

 『黒糖(クルサーター)』には、精白糖とは違うやわらかな甘味と独特の渋みがあって、風味豊かでりっぱに菓子として認められるに値する深い味わいがあります。
 この味わいは、カルシウムや鉄など各種のミネラル分が多く含まれているためです。
 精白糖に比べて糖分は低めなのに甘みが強く感じられます。そのうえ精白糖よりゆっくり吸収されて血糖値もゆっくり上げるので、精白糖を含んだアメなどより少しの量で満足できてカロリーもむしろ抑えられるかも。

 ところで、沖縄にはもう一つ変わった砂糖菓子があります。『砂糖粉菓子』(ストロー付き)といいます。
 小さなビニル袋の中に粉ミルクと砂糖が混ぜ入れられていて、その中にストローを差し込んで吸って食べます。
 どういう経緯で誕生したんだろ。まさかアメリカ兵が白い粉をストローで鼻から吸っているのを見てなんてこと・・・あ、ヤバイヤバイ。

沖縄運転情報

 沖縄での運転のキモは、イライラしないこと。
 沖縄では制限速度ピッタシで運転する人がほとんどです。
 いや、制限速度以下も当たり前です。80Kmh制限の高速道路の追い越し車線で60Kmhなんてのも見ました(そこまでではないにしても千円高速の日は本土も似たようなものかな。走行車線より追い越し車線の方が詰まってて、走行車線の方が速く走れたりして。 必ずどこかで多重衝突しているし。 じつは本土も高速を利用したことのない人ばかりだったのか?)。
 ただ、困ったことに片側2車線の道路でも、右車線も制限速度ピッタシで走ります。2車線を制限速度ピッタシの2台が並走して追い越しさせてくれません。
 しかし、沖縄では制限速度ピッタシが常識なのです。制限速度で走れている以上は流れに従って、「ここは沖縄」と、よんなーよんなー走りましょう。
・・・とはいえ、やっぱり右車線は追い越し用にあけておいてね、沖縄人(千円高速で高速デビューした人達も)。
             沖縄運転情報は、Makani-Kaneでした。
世界中の空港で ビジネスクラス用ラウンジが 無料で使えるカード


JCB 『ハワイの風』 更新おしらせRSS

        ※  右上にこのブログ内記事専用の検索窓を付けてます。
          知りたい単語を入れて検索ボタンを押してみてください。

ハワイのお得な歩き方

ハワイのお得な歩き方 ハワイの格安旅行術わたしのサイトです。
  安心でお得なハワイ旅行の
 ための情報を満載しました。

              Keep the NorthShore COUNTRY
     Mahalo


 Comment to this entry 
(非公開)

(訂正用パスワード)
  管理者だけが読めるようにする
 Track back to this entry 
     スパムが多いので承認制にしました。
     言及リンクのない場合は、コメントを残してください。
       そうでない場合は削除することがあります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ローンカード特集 トラベルローン 女性ローン 海外キャッシング
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。