スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / BLOG TOP△

アメリカ人の味覚 その2

パパイヤシード・ドレッシング
 今、アメリカでは、アメリカのソウルフードであるホットドックにアジアンテイスト、なかでも「和のテイスト」を加えるのが流行っているらしい。
 ハワイでも少しずつ広がってきていて、ホットドックにきざみ海苔やきざみネギをのせたりして食べるのがおしゃれとか(『Hapa Dog』というらしい。混血ホットドック?)。
 先日ラジオでも、ニューヨークでホットドックにアジア風ソースをかけるのが流行っているとのこと。 「アジア風ソース」ってどんなのだろうと興味津々で聴いていたら、「キューピーマヨネーズ」だって。
 「キューピーマヨネーズ」は、メィヨネイズとは別物なんだよ。知ってた?

 ずいぶん前に、『アメリカ人の味覚』という記事を書きましたが、ハワイ旅行記を読んでいるとアメリカの食事に軽いショックを受ける人も多いようなので、予備知識を持ってもらおうと『アメリカ人の味覚 その2』です。

 アメリカの食べ物は、かなりはっきりした味付けがしてあります。 日本人の繊細な舌からすれば、調和もへったくれもありません。
 とくに甘味と酸味がはっきりしたものを、アメリカ人は好むみたいですね(逆に苦味や渋味は不得手かな)。

 前回の『アメリカ人の味覚』にも書きましたが、アメリカのケーキは、角砂糖を舐めるよりも甘いです。こめかみが痛くなるような、脳の奥のほうがジ~ンとするような甘さです。
 アメリカ人の神経回路を疑わざるをえません。

 そして、アメリカの食べ物は、『酸味』にもまた注意しておかなければなりません。
 アジアにも『酸味』を効かせた料理が数多くありますが、他の味覚やうま味などとの調和のなかに『酸味』があります。
 しかし、アメリカ人は、脳にズド~ンと来るような『酸味』を求めます。よってアメリカの食べ物の『酸味』は、ストレートにやってきます。 容赦なしに『酸味』だけが襲ってきて、日本人のわたしは鼻の粘膜をやられ咳き込むほどです。
 やっぱりアメリカ人の神経・・・

 菓子などでもアメリカ人には「ビネガー」味(や「ベリー」味)に人気があるのですが、どれもこれもかな~り酸っぱいと思っておいてください。
 『マウイスタイル・ポテトチップス』のソルト&ビネガーもかなりのものですが、『ケトル・チップス』のビネガーなんて続けて3枚以上は食べられませんよ(『ケトル・チップス』はソルト&ペッパーが好き)。

 リンゴなどの果物でも、すこし酸味のあるものの方が人気があるようです。 他方で、日本の果物は甘味ばかりを追及しすぎてるとわたしは思いますが(甘さばかりで果物の区別が分からなくなってきてませんか?)、日本の甘いイチゴに慣れてしまった口では、アメリカのイチゴは酸っぱくて。

 もちろん調味料なども『酸味』が命です。 いつも『パパイヤシード・ドレッシング』を買ってくるのですが、もう少し『酸味』のバランスがよければいいのになぁと思います。生野菜だけのサラダに使うべきものじゃないのかな?
 沖縄のステーキ屋にも置いてある『A1ソース』も『酸味』が特徴ですよね。

 じつは(アメリカ統治下で)アメリカの味で育ってきた沖縄人(40代以上)も日本製のドレッシングは『酸味』が物足りないって言います(酢も普通の2倍くらい酸度のある「まるこめ酢」ってのを使います)。
 『アメリカ人の味覚』もアメリカ人の神経回路の問題ではなくて(当たり前か)、こどもの頃から慣れ親しんだ味が決めるということですね。

 ただし、アメリカでもメィヨネイズだけは『酸味』もなく掴みどころのない味で、"あの"アメリカ人がよくもこの味をよしとしているもんだと思います(日米で使い方の違いもある。アメリカではソースのベースなどにするが、日本では生野菜サラダにつけるものとしてキューピーが改良した歴史があるらしい)。

  『アメリカ人の味覚』を知り、アメリカの食べ物の傾向を知れば、百戦危うからず?

ALOHA ALOHA

 『インターナショナル・ハウス・オブ・パンケーキ』のリクエストです。 ナイショの店じゃないですよ。『IHOP』のことです。
 カリフォルニア生まれの『IHOP』は、全米に展開するファミリーレストランです。 一時は日本にもありました。
 数年前にオープンしたワイキキのクヒオ店は、早くも全米第3位の売上だそうな(しかも1,2位はディズニー・ワールド&ランドの店)。
 アメリカ人というのは、食に関して日本人以上に保守的です。 旅先でもいつも食べている店で食べたがるので、自宅の近所にもある『IHOP』へ足が向くのでしょう。
 わたしはハワイでは行ったことはありませんが、メインランドで食べたことが(たぶん)あります。 印象なしなのでフツーだったのかな。 なので記事が書けません。
 右に設置した検索ボックスで「パンケーキ」を検索していただければ、『オリジナル・パンケーキ・ハウス』なども紹介しています。

 ついでに原宿の『エッグスンシングスですが、とうとうハワイの『エッグスンシングス』のサイトに 「原宿のエッグスンシングスとは関係がありません。 」なんて一文が (と思ったらハワイの店頭にも同様の張り紙がされたそうで)。
 松田氏は、日本での多店舗展開を目論んでいるらしい(しかも本部はシンガポールで、ジャパン社は子会社らしいので、世界展開を視野に入れてるみたい)。
 アメリカ人と違って、日本人は日本にもたくさんできた店で、しかもパンケーキを食べようとは思わないでしょうから、客の9割が日本人になってしまったハワイの『エッグスンシングス』には大打撃だよね。 仲良くしていられない訳だじょ。
 素人考えだと、本家がコケれば共倒れっていう気もするんだけども、ハワイ本家も飲み込む怒涛の勢いで展開するぞってことなのかなぁ。

世界中の空港で ビジネスクラス用ラウンジが 無料で使えるカード


JCB 『ハワイの風』 更新おしらせRSS

        ※  右上にこのブログ内記事専用の検索窓を付けてます。
          知りたい単語を入れて検索ボタンを押してみてください。

ハワイのお得な歩き方

ハワイのお得な歩き方 ハワイの格安旅行術わたしのサイトです。
  安心でお得なハワイ旅行の
 ための情報を満載しました。

              Keep the NorthShore COUNTRY
     Mahalo


 Comment to this entry 
★ From りょうこ

こんにちは。
おひさしぶりです。

アメリカの酸味は確かにキョーレツですね。
ケトルは酸っぱすぎて・・
湖池屋のスッパムーチョくらいがちょうどいいです。

ちなみにケトルは“ハニーディジョン”好きですv-238

2010.05.24.Mon / 06:09 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>りょうこさん
アロハ おひさしぶりです。 お元気ですか。

アメリカの酸味は、味覚とかじゃなくて
もはや化学実験ですよね。

ケトル・チップスのビネガーなんて
思い出すだけで唾が出てくる。
ハニーディジョン人気ですねぇ。

2010.05.24.Mon / 20:38 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
(非公開)

(訂正用パスワード)
  管理者だけが読めるようにする
 Track back to this entry 
     スパムが多いので承認制にしました。
     言及リンクのない場合は、コメントを残してください。
       そうでない場合は削除することがあります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ローンカード特集 トラベルローン 女性ローン 海外キャッシング
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。