スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / BLOG TOP△

沖縄の島豚 『アグー』

うちな~ぐちのマブイストーン
 沖縄では、今30歳半ば以上の人は、学校で 「方言(沖縄口)を使ってはいけません」 と指導されたそうです。
 しかし、この20年くらいで、沖縄(琉球)の言葉を大事にしようという動きが出てきました。
 それと同時に、泡盛やエイサーや三線といった沖縄の文化を大切にしようという気運も盛り上がっています (泡盛やエイサーはかっこ悪いという風潮がつい最近まであったのです)。
 (沖縄ブームという追い風もあったけれども) 文化というものは言葉とも結びついているから、言葉が生き残れば、きっと文化も永く大切にされていくことでしょう。
 そうした中、農林高校の生徒達が復活させたのが 沖縄の島豚 『アグーです。

 最近、沖縄ではもちろん東京あたりでも沖縄の島豚 『アグーってよく聞くでしょう。
 しかし、それは『アグー』ではなかったりもするんですよねぇ。 なかなか複雑な話ので、調べられた範囲で書いてみます。

 沖縄の琉球在来黒豚 『アグーは、戦前まではたくさん飼育されていましたが、沖縄戦で頭数を減らし、効率優先で西洋種の白豚と交配が進んで、沖縄の言葉や文化の否定の風潮とともにほぼ姿を消しました (雑種化しました)。

 しかし、先述のように、近年、『アグー』は、北部農林高校などにより戻し交配という方法で再繁殖が始まりましたが、生殖能力が低く、近親交配による弊害の心配もあり、「ほぼ純血種」に近いものでも二百頭くらいとか (「完全に近い純血種」は、存在しない ?)。
 黒豚の『アグー』 というのがその「ほぼ純血種」ですが、一般市場に広く出回ることはまず考えられません。
 『アグー』を食べることはほぼ不可能だと思っておいてください。

 一般市場に出回っているのは交配種です。
 かなり良心的といわれる店で出される高価な肉でも血統率75%くらい。 JAの出している 「あぐー」 (ひらがな)というブランド(商標)では50%以上の血統率を保証だそうです。
 なかには 「遠い親戚にアグーが混じってる気がするかも・・」 程度でも「アグー豚」として出している店も多いそうです。
 なんたって国際通りを歩けば今や「アグー」だらけ、ガイドブックにも「アグー」の文字が氾濫しています。 全国で年2万頭分の肉が「アグー豚」として売られているそうですが、交配種ですらそんなに生産されていませんから「遠い親戚」 (やまるっきりの他人) がかなりの数で混じっていることは明らかです。
 (ただし、JAの軍門に下らず、より血統率の高い黒豚を少量生産している養豚業者が、「アグー」 商標が使えないために別の名前で販売している例もあります。)

 『アグー』 血統率の高い豚肉のブランド(商標)はいくつかに限られているので、飲食店の見分け方としては、 「あぐー」、 「やんばる島豚」 (ともに白豚)、 「今帰仁アグー」 (黒豚) など特定のブランドが説明つきで明記されている店のほうが安心だと思います (これらは証明書も発行されています)。
 そもそも純血種は食べられないのですから、交配種であることをきちんと説明している店がいいと思います (純血種を出しているようなことをいう店は、むしろ普通の豚肉の可能性も大かも)。
 より本物に近い『アグー』を食べたい人は勉強されるといいでしょう (血統率の高いものの情報は、リアル友、ブログ友だけにお知らせします。 ネットで調べても分かります)。

 わたしは少量生産の、より血統率の高い『アグー』も食べたことがあります。
 安い輸入豚肉 (人工飼料でしょう)を食べ慣れている口には、すこし豚臭さ (野性味 ?)が強い気がしました。
 また、『アグー』は戦前まではラードを摂ることも大きな目的だった豚なので脂身が多めです。 しかし、この脂身のうまさこそが『アグー』なのだと思います。
 「やんばる島豚」 あたりでも十分に脂身のうまさを味わえます。 脂身の多いバラ肉こそが 『アグー』の最高級部位だと思います。
 「やんばる島豚」 で作ったハンバーグなどは、土産にもいいかもしれませんね。

  「学校教育として」 は無くなったようですが、今のこども達も 「恥ずかしいから沖縄口はしゃべるな」 って互いに言い合ってたりするみたいです。
 沖縄口(うちな~ぐち)のマブイストーンがで~じなってるのは、まだ解決していないようです。

 奄美大島がたいへんですね。
 中心気圧が885ヘクトパスカルまで猛烈に発達した最強台風が沖縄や奄美を直撃しなくてよかったと安心したのもつかの間、奄美地方がたいへんな大雨になってしまいました。
 つかりんファミリーは大丈夫だったかな。

沖縄運転情報

 沖縄の「珍走団 (旧称・暴走族)」は、ホテルで寝ている時に来られると本当にうっとうしいものです。
 が、ある日、北谷で出会った5人ほどの集団は、道を譲ってやると頭を下げて通っていきました。
 そして、オバァが横断する時にはちゃんと止まる、なんて話もあるそうです (まぁ沖縄でオバァに勝てる者はいないけれど)。
 沖縄で珍走団を見かけたら道を譲ってやって、思わず「ええ子達だがね」とつぶやいてみてください。
 でも、夜中に走り回るのは勘弁してくれよ。 めーごーさー喰わすど~。
                        沖縄運転情報は、Makani-Kaneでした。
世界中の空港で ビジネスクラス用ラウンジが 無料で使えるカード


JCB 『ハワイの風』 更新おしらせRSS

        ※  右上にこのブログ内記事専用の検索窓を付けてます。
          知りたい単語を入れて検索ボタンを押してみてください。

ハワイのお得な歩き方

ハワイのお得な歩き方 ハワイの格安旅行術わたしのサイトです。
  安心でお得なハワイ旅行の
 ための情報を満載しました。

              Keep the NorthShore COUNTRY
     Mahalo


 Comment to this entry 
(非公開)

(訂正用パスワード)
  管理者だけが読めるようにする
 Track back to this entry 
     スパムが多いので承認制にしました。
     言及リンクのない場合は、コメントを残してください。
       そうでない場合は削除することがあります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ローンカード特集 トラベルローン 女性ローン 海外キャッシング
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。