スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / BLOG TOP△

『沖縄のパワースポット』は首里城にある

nativeunion01.jpg
 先日、iPhoneなどのスマートフォンに取り付けるハンドセットを見かけた。 昔の電話の大きな受話器みたいなのをつなげて iPhoneでも話し易くしてくれるのが売りだそうな。
 「より多機能に。より小さく」 を競って今の携帯電話が出来上がってるんだと思うけど、先祖返りを始めたわけ?

 まぁね、iPhoneには 軽自動車に オーディオ・アクセサリを付け始めたら エスカレートしちゃって バッテリー不足でエンジン動かない的なニオイを感じていたんだけどさ。
 基本を忘れて 何でも盛っていけばいいってものではないんだね、世の中。
シンプルが最強 なんだわ、きっと。

 唐突に ”沖縄のパワースポット』 は首里城にある” の巻。

 『沖縄のパワースポット』 を探して、このブログにたくさん来てくれます。 『パワースポットブーム』 は、まだ衰えを知らないようですね。

 そこで 首里城 (しゅりじょう) にあるとっておきの 『沖縄のパワースポット』 を紹介しようと準備していたら、先日の 『世界ふしぎ発見!』 に先を越されてしまいました。 ちょっとくやしい。
 でも 「ふしぎ発見」 とは 角度を変えてお話ししましょう。
   (なお、以前に書いたように、このブログでは 管理されていて地元に迷惑を掛ける人が出現する可能性の少ない場所のみ紹介しています。)

 さぁ、琉球有数の聖域でもある 首里城にある とっておきの 『沖縄のパワースポット』 とはどこでしょうか。
 え、『園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)』 ですか。 惜しいですが ちょっと違います。 でも、首里城に行った人なら 必ず視界に入っていた場所です。

 それじゃあ案内しますから ついて来てください。 首里城に行かれたことのある人は 思い出しながら。
 守礼門で記念撮影をして 『園比屋武御嶽』 に挨拶をしたら 歓会門へと進んでいきます。 瑞泉門漏刻門とくぐると、「下之御庭(しちゃぬうなー)」 という広場に出ました。
 入場券を買って 奉神門 (有料区域入場口) をくぐり抜けると、正面に正殿が建っています。

 はい。 とっておきの 『沖縄のパワースポット』 でしたが、見えましたか。 もう通り過ぎちゃってますよ。
 気が付かなかった人は 巻き戻ししてください (そろそろ 「巻き戻し」 の意味を知らない子が出てくるかな)。

 おっと 巻き戻しの前に、ちょっとだけ。
 奉神門を入った正殿の前の広場に目を移してください。 「御庭(うなー)」 です。
 首里城に行かれたことのある人は、ここで奇妙な気持ちになったことでしょう。 「御庭」 を 奉神門から正殿に伸びる道 (浮道)が 斜めに引かれているのです。
 律儀な性格の日本人には、いやそうでなくても、この斜めのラインは、収まり悪く感じます。 権威ある城の正殿へ続く道が 正殿に向かって斜めに引かれているんですから。 (「御庭」 も 角が90度ではなく、ひしゃげた四角になっています。 Googleマップの航空写真をみてください)

 これを 「ふしぎ発見!」 では 琉球人の美意識 (シンメトリーを嫌う) として説明されていましたし、他にも 風水に基づいてとか いろいろ言われていますが (公式には 未だに謎とのこと)、それだけではないのです。
 この浮道は、正殿の中心に向かって伸びていますが、このラインを 正殿とは反対に伸ばしていくと、奉神門を超えて ぶつかる場所があります。
 それが 『首里森御嶽(すいむいうたき)』 です。
ラインは、正殿の中心と 『首里森御嶽』 を結んでいるわけです。

 そして、なんと。 このラインは、さらに 聖地・久高島を結んでいるのです ( 「ほぼ」ですけどね。 久高島の東にあるという 「ニライカナイを結んでいる」 といってもいい)。
 これは 何か意味がありそうでしょ。

 『首里森御嶽』 は、奉神門の前の 「下之御庭」 (無料区域) にある こんもりした小さな森です (Googleマップの航空写真でも 左に写っています)。 首里城に行ったなら 必ず視界に入っていたはずですが、ほとんど気にとめる人もいません。
 しかし、首里城内に十か所の御嶽(うたき) という聖域があったなかでも 重要な御嶽なのです (首里城は 別名を 「首里森の城」 といいます)。
 もともと沖縄の城(ぐすく)は、どれも御嶽のある場所に造られたそうです。 首里城も 『首里森御嶽』 が先にあり、後から首里城が 『首里森御嶽』 (をはじめとした御嶽) のパワーにあやかろうと その地に造られたのです。
 『首里森御嶽』 は、首里城のパワーの源といっていいかもしれません。

 『首里森御嶽』 で、琉球のパワーを感じてみてください。

 なお、伊勢神宮の 『荒祭宮 で見られているような 「パワーを自分だけで独占しよう」 とかいう気持ちで行かないでくださいね。

ゆんたく ふぃんたく
 琉球の城の回のミステリーハンターは、竹内海南江さんでした。
 わたしは海南江さんのファンです。 わたしのPCの壁紙は ときどき 「かなな共和国」 のカレンダーになるくらいです。

 『世界ふしぎ発見!』 という番組自体 (テレビマンユニオン制作)もそうですが、竹内海南江さんのレポートのときは特に、その土地の自然や人や文化に敬意を払っていることが伝わってきます。
 わたしはいつも 「土地の人の心を大切にしろ」 とかっこいい(生意気な)ことを書いてますけれど、実際は 身についていないことを告白しなければなりません。
 しかし、海南江さんは、それがごくごく自然にできているんですよね。 テレビカメラの前の演技とかポーズじゃないんだというのが分かるから、すごいなぁといつも憧れています。

 いろんな国・地域を旅された竹内海南江さんが、(雑誌かなにかで) 海外経験で何を得たかと問われて、「増えたものはなくて、むしろ自分自身の余分なものが削ぎ落とされて、シンプルになっていった。」 (要約) と語ってたことが 印象に残っています。

 でも 「世界ふしぎ発見!」 は、取材がすごくおもしろいけど クイズはいらんのよねぇ。 だって放送内容より サイトの情報の方が 何倍も濃いんだもん (海南江さんの回は)。 それってあり? 
 番組サイトのレポートは ミステリーハンターが書いているようですが、竹内海南江さんの回は いつも読み応えありで おすすめですよ (不動産の赤坂テレビですけどね)。
 映像で見せられるより 情報量が多いかも。 すごい文章力。

ソコトラの風
 先日、「このひどい政治が、一番の円安動機」 と書きましたが、日本の長期国債の格付けが AA- に引き下げられ、為替相場(ドル円)は、30分の間に 1円もの円安急上昇。 日銀の介入よりすごかった。
 コメントを求められての菅首相の一言が 「そういう話には疎いので」 よく分からないとさ。 国の借金が多いから増税すると言った国会の直後に答えて。 格下げの理由はアンタだよっ。

 日本国債は 日本国民しか買っていないのですから (95%)、国民の資産で買い支えられなくなったら、中国の自治州にしてもらうほかありません。 フラを踊っている場合ではありません。 少数民族ショーで踊れるように 日本舞踊を習いましょう。

 軍事的に中国に対峙したところで、経済・財政の失敗で こちらから三跪九叩に出向くことになるだけです。 軍拡よりも 経済・財政の復興が先です。
 政治家が非力なバカ揃いで、官僚が勢力争いに明け暮れる中での軍拡って、70年前に経験したよね。

 そうそう、オバマ大統領の一般教書演説に 「CHINA」 は何度も出てきましたが、「JAPAN」 は一度も出てきませんでした。 「Slave」 か 「Livestock」 で出てきたかな?
 日米同盟って言葉を 何人の米国民が知っているのかな。 日本人しか知らないとか?
    シンプルが最強といいながら、今回もムダのてんこ盛りブログ。
世界中の空港で ビジネスクラス用ラウンジが 無料で使えるカード


JCB 『ハワイの風』 更新おしらせRSS

        ※  右上にこのブログ内記事専用の検索窓を付けてます。
          知りたい単語を入れて検索ボタンを押してみてください。

ハワイのお得な歩き方

ハワイのお得な歩き方 ハワイの格安旅行術わたしのサイトです。
  安心でお得なハワイ旅行の
 ための情報を満載しました。

              Keep the NorthShore COUNTRY
     Mahalo


 Comment to this entry 
★ From Makani

>Xさん
こちらに返事をさせていただきます。

日本が破綻(=デフォルト)するかどうかが問題ではありません。

破綻しなくても、日本国民には過酷な負担が課せられます。
国民がそれに耐えきれずに、新たな主に服従する選択をしないとも
限らないということです。
プライドも食べること生きることには優先しません。

それを防ぐのは、今のうちから集団自決教育の再開でしょうか。
「生きて辱めを受けず」と。

米国債を大量保有していても同じだと思います。
米国は類焼を防ぐ手だてを心得ています。

尖閣諸島を戦艦で守って、東京は無血で開城では何にもなりません。

日本の財政は後2、3年で大きな転機を迎えます。

2011.02.01.Tue / 21:11 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
(非公開)

(訂正用パスワード)
  管理者だけが読めるようにする
 Track back to this entry 
     スパムが多いので承認制にしました。
     言及リンクのない場合は、コメントを残してください。
       そうでない場合は削除することがあります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ローンカード特集 トラベルローン 女性ローン 海外キャッシング
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。