スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / BLOG TOP△

櫻井よしこ氏の詐欺的な手法

那覇・牧志公設市場で
 アロハ。 世の中はGWでアクセスも減ってくる時期(仕事場でチェックしてくれる人が多いのかな) なのでいつもの独り言(シリーズ?) です。
 さて、ときどきメールで質問をもらいますが、ぶしつけなリクエストには 「承知しました」とはいきません。
 また、沖縄ネタだけに出没している某質問掲示板でも、その人の過去の質問を見て まったくお礼を言わないような人だった場合は、回答を書き終えた後であっても投稿を取りやめます。
 そんな根性ワルなわたしなので許してください。

 櫻井よしこ氏の書いたものについて みんなに聞こえるように独り言

 ずいぶん昔ですが (これはお蔵入り記事だったのでそうなったのですが)、沖縄戦に関してウェブ検索をしていたら、櫻井よしこ氏の 『沖縄戦、県民疎開に尽力した知事』 という記事(氏のブログにも同じタイトルで掲載あり) にたまたまつき当たりました。
 普段、彼女の書いたものは 「結論」だけを探し読みするのだが (「結論」が先にあって、それに都合のいい事実を拾い集めているだけで 分析とかは何もないから)、たまたま情報を探すのが目的だったので順を追って読んでみた。

 その記事の前半部分で、
 92歳の梅○氏に電話し 「県民決議」に関する発言について尋ねたときのことを、「予告なしの問い合わせにもかかわらず、梅○氏は4年前の発言について人物、日付、場所など、極めて具体的に語る。 実体験でなければこうした詳細は出てこないだろう。」 と書いている。
 (いちいち引用しないので、氏のブログを見ながら、この記事を読んでください。)

 しかしだ。 梅○氏のした実体験は、「石川重徳さんに会って話を聞いた」 ということである。 「県民決議」 を実体験したわけではない。
 「県民決議」の部分は、「実体験」 した(らしい)石川重徳さんから 梅○氏が聞いた話(伝聞) にすぎない。

 ところが、櫻井よしこ氏の手に掛かれば、それが、あたかも梅○氏が 「県民決議」を 「実体験」したことを証言して、それが 「極めて具体的」だった。 したがって、「県民決議」の存在は間違いのないものなのだ との錯誤を生じさせる (意図をもって書かれている)。
 まったく詐欺的な手法である。

 (なお、氏の記事の (前半部分の)主題が、梅○氏が 「石川重徳さんから話を聞いた」のかどうかであれば、これらは梅○氏の実体験なので、今回の指摘は当てはまらない。 わたしは、「県民決議があったかどうか」 が主題であると考えて、以下に続ける)

 刑事訴訟法を勉強すると 「伝聞法則」というのがある。 「伝聞」と「実体験」とでは 証拠価値に大きな違いが設けられているが、その理由は 「伝聞」には嘘が入り込みやすいからです。
 社会科学の文章で 「伝聞」と「実体験」のすり替えは 許されない反則技なのです。

 櫻井よしこ氏の書いたものには、こうしたトリックを駆使して、証拠となるデータや根拠のない話を、あたかも間違いなき真実であるかの様に見せかけたものが多い印象がある。
 それはなにより、証拠となるデータや根拠を示せない話が多いことを意味する (逆に言えば、根拠なしで済ませられるので悩む必要がなく、結論だけはスパッと明確で潔い)。

 また記事の内容については、わたしは 「県民決議」があったかどうかを知らないし、調べてもいないから肯定も否定もできないけれども、しかし、櫻井よしこ氏が、「予告なしの問い合わせにもかかわらず、・・・実体験でなければ こうした詳細は出てこないだろう。」 と言うのなら、わたしもこう言うほかない。

 「実体験でもないことについて、詳細が、極めて具体的にすらすらと出てくるのは、詐欺師の常道だ。」と。

 もう一度確認しておくが、梅○氏が実体験したのは、「石川重徳さんから話を聞いた」 もしくは (その体験を)「4年前に発言した」ことであって、「県民決議」は、他人から話を聞いただけ(伝聞) である。
 もし、突然の電話にも関わらず、梅○氏が 「県民決議」の日のことを、極めて具体的にすらすらと詳細を語ったというなら、(櫻井よしこ氏のロジックによれば) 梅○氏はあらかじめ用意していた嘘を吐き出しただけ という可能性が高いと考えることもできる。
 「県民決議」は、梅○氏の「実体験」 ではないのだから。

 なお、以上は、わたしがそのように考えているということではない。 「県民決議」の存在を否定も肯定もしないし、ましてや 梅○氏が嘘を語る詐欺師かどうかも関知しない。
 ここでは、ただ、櫻井よしこ氏の文章の詐欺的な手法を紹介したうえで、あくまでも 「櫻井よしこ氏のロジックに従い、国語的に正しく解釈すると、こう読めるのではないか」 という国語解釈を示したものである。

 ところで、櫻井よしこ氏は、(中国に対する私怨の情は見られるものの) 右傾思想家というよりは、金になるからこの路線でという 『作家』なので、排他的右傾思想の人のツボを心得ている。
 (彼女の本を読む)排他的右傾思想の人の多くは、(他者を貶めることによる)気分的高揚を求めていて、こむずかしい理屈を追うなぞまっぴらごめん。 彼女の本は (期待通りに)結論は決まっていて、取り上げる事実は すべて結論に素直に直結する 単純明快さが売りになっている。
 このため 「センセーショナルな事実」を お決まりの結論に直結させるために 上述のようなトリックが多用されることになる。
 文末に 「信じるか信じないかはあなた次第」って書いてないかと いつも探すんだけどね。

 どんな世界でも 派手なパフォーマンスにばかり注目が集まり、地道に真摯に取り組んでいる人が陽の目を見ないというのはやり切れないですね。
みんなに聞こえるようにいう独り言 2
 櫻井よしこ氏は、「正論」と称して法的根拠を無視したような主張ばかりしているが、たまに法律を持ち出すと、これまた都合のいい用法に終始する。

 例えば、韓国併合は 「日韓併合条約を結んで行われたものだから」と、法的根拠を前面に正当性を訴える。
 しかし、弱者強者がはっきりした関係で結ばれた場合、法的手続きさえ整っていれば、「相手国にとっても正当」といえるのだろうか。

 それなら、こういう事実があるが、正当性をすんなりと受け入れられるのか。
 ポツダム宣言8条には、「日本は野蛮な侵略国家であり、満洲、台湾を盗取し、朝鮮を略取し隷属させた」 と書かれたカイロ宣言を受け入れるべしと書かれている。
 日本は、そのポツダム宣言を受諾して サンフランシスコ講和条約を結んだのであるから、「野蛮な侵略国家であり、満洲、台湾を盗取し、朝鮮を略取しました」 と認めたわけだ。
 とすれば、中国や韓国がいまだに繰り返す非難に対して、日本は反駁することが困難になる (賠償問題は別として)。
 なにより、日韓併合条約は、ポツダム宣言受諾によって覆されることになる。

 弱者強者がはっきりした関係で結ばれた (不平等な)条約や国際宣言が、弱者にとっても正当であるなどということはないのである。
 日米安保条約も同様にである。

みんなに聞こえるようにいう独り言 3
 某質問掲示板に 「沖縄の人は・・豚の頭なんて普通は捨てるような部位も食べようという卑しさに、東京人の私は引きます」との書き込みがありました。
 (正確には 「チラガー」のことだと思うが) これに対しては、「他者の文化を貶める行為」などの批判が並んだ (ちなみに 豚の頭が捨てられるなんてことはありません。 でぃきらんぬーめ)。
 そんななかに 「豚頭 ラーメン」 で検索してみろって回答があった。
 な~るほどザ・春の祭典スペシャル。 わたしも知らなかった(スーパーのパック詰めしか知らないのではいけないなどと書いたばかりだが)。
 行列のできるラーメンのまったりしたコクは、豚の脳みそから出てるのねぇ。

 もっといじめちゃうと、東京の「焼きトン」は、わざわざ肛門とかを指定して食べるよね (テッポウとか名前でごまかしてるけど)。

 「中国人はサルの脳みそを食べる」なんてGメン75以来のネタもさ、もうやめたら。

 思うに、カルト宗教でもネトウヨでも、教祖とか先導者(煽動者?)は、とんでもない嘘つきで邪悪であるが、それに盲従している人は、痛々しいほどに素直で純真な人ということもよくある。
 ものすごく純粋に人を救いたいとか 国を守りたいとかを考えている人が、邪悪な先導(扇動)者達に取り込まれてしまう。
 この世の中は、純粋すぎるのも危険ですよ。 疑うこと(=自分で考えること)も覚えないとね。

       2012年5月15日、沖縄が本土復帰して40周年を迎えます。
世界中の空港で ビジネスクラス用ラウンジが 無料で使えるカード


JCB 『ハワイの風』 更新おしらせRSS

        ※  右上にこのブログ内記事専用の検索窓を付けてます。
          知りたい単語を入れて検索ボタンを押してみてください。

ハワイのお得な歩き方

ハワイのお得な歩き方 ハワイの格安旅行術わたしのサイトです。
  安心でお得なハワイ旅行の
 ための情報を満載しました。

              Keep the NorthShore COUNTRY
     Mahalo


 Comment to this entry 
★ From よしこ

前のも楽しいですが
Makaniさんのこういうこっそりと言いつつバッサリ斬る記事も大好きです(^w^)

この人何だかよくわかりませんよね…

良い事を言ってるようで必ず裏があるように感じてなりません。

見ててコワい~
。。(ノ>ω<)ゝ

2012.05.03.Thu / 17:09 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>よしこさん
はいたい
どぅちゅいむにーよぉ

ほんとにメーゴーサーだよね。
とてもテレビ的な人で
インパクトのある出来事を持ち出してきて
間をすっ飛ばして、結論だけは単純明快だから
なんだかすごいように聞こえちゃうんだよ。

2012.05.03.Thu / 21:30 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From うみんちゅ

はじめまして。

「櫻井よしこ」「沖縄」をウェブに入力したら、ここのブログにたどりつきました。

櫻井よしこさんのブログを一度見てみてください。

最近知って衝撃的だったのが、彼女の沖縄に対する差別意識です。

そもそもこれだけ影響力の強い人が、全国民に対して1パーセントにも満たない沖縄県民にたいして、ものすごいバッシングを繰り返しているのがあたしには「いじめ」に感じる。

彼女は普天間基地を辺野古に移したいようですが、そもそも日本全土に対し0.6パーセントにも満たない沖縄に74パーセントもの基地負担をさせていることに対してなど一言もいたわりの言葉を出さないことにも腹が立ちます。

「捨て石」にした過去もそうですが、沖縄の痛みに寄り添う言葉を一言もかけないどころかいつも沖縄を攻撃してばかり。

あたしからすると彼女は危険人物です。

2012.05.28.Mon / 21:13 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>うみんちゅさん
コメントありがとうございます。

ヴェトナムで生まれて、中国に身ぐるみはがされて
命からがら逃げてきたらしいので
中国に恨みを持っている節はありますが、
基本的には「流行作家」だと思います。

金になることを書いているだけで
中身はすっからかんです。
ただし、影響力は大きいのが怖いですね。

『てんtoてん』の記事も読んでください。
カヌチャベイリゾートのことを書きました。

勝共連合、日本会議あたりで検索を

2012.05.29.Tue / 19:39 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
(非公開)

(訂正用パスワード)
  管理者だけが読めるようにする
 Track back to this entry 
     スパムが多いので承認制にしました。
     言及リンクのない場合は、コメントを残してください。
       そうでない場合は削除することがあります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ローンカード特集 トラベルローン 女性ローン 海外キャッシング
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。