スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / BLOG TOP△

大名古屋ビルヂング

ナゴヤ球場
 わたしの大好きなブログで 佐世保のデパートにある菓子の量り売りが 「検証」されていた。
 大きなドーナツレコードみたいなクルクル回るショーケースに 袋売りからバラにされたチョコレートやらゼリーやらが盛られていて 好きなものを詰めてグラムいくらで買えるのです。
 大人から見れば割高なだけだが、こどもにすれば 一袋だと何百円もするあこがれの菓子を 一個からでも買える魅惑のステージ。
 しかも強いライトに 菓子の包装やら何やらでキラキラしていて、宝石を見るようにウットリしたものだった (思えばこどもの頃から デパートにしっかり消費教育されていたわけだな)。

 こどもの頃には 名古屋駅の名鉄百貨店の地下にも、内側にレジ店員がいる直径4メートルくらいの大きなのがあったけれど、いつの間にか小さなものになって、久々に「検証」に行ってみたら それすらもなくなっていた。
 あの回る機械 (スイートプラザというらしい)は 名古屋のメーカー製造で、日本で最初に設置されたのが 名鉄百貨店だったそう。
 内側に店員が入れるほど大きなのは、今は全国にどれほど残っているんだろうか。

 クルクル回るといえば 『大名古屋ビルヂング』 の屋上にあった森永の地球儀

 名古屋駅前の 『大名古屋ビルヂング』の 「チにてんてん」もすっかり有名になったようですが、もともとは名古屋をバカにするネタとして言われたものです。
 名駅を降りると、正面に大きく 『ビルヂング』 と掲げられているものだからよく目立ちました。
 しかし、丸ビルも 「丸ノ内ビルヂング」であったし、三菱地所 (振り仮名は 「ぢしょ」なのか) の物件は、「ビルヂング」 が多かったといいます。

 その『大名古屋ビルヂング』 も建て替えのために取り壊されます。

 わたしにとって 『大名古屋ビルヂング』は、「チにてんてん」よりも 「森永の地球儀」でした。
 森永の地球儀型の広告塔が 屋上でクルクル回っていたのです。
 わたしには都会のイメージでした。 たしか銀座にもありましたよね。 古臭いけれど、それが古くから発展してきた都会の証拠だよみたいな。

 その森永の地球儀が変わってしまったのは、かれこれ20年前。
 世界デザイン博(1989年) という愛知県民もほとんど記憶から削除されている、バブル時代な (当時から意味の分かんなかった)博覧会があって、名古屋駅前ロータリーの噴水が (現在ある)変な山のモチーフに造り変えられた前後に、広告主が森永からコカコーラに変わったんです。
 それでも、そのときはまだ地球儀は (デザインは変わったものの)残されたんですよ。
 それが突然、10年くらい前に 地球儀が消えたんです。

 知らないうちに 地球儀が消えていた気がします。
 あのときに、わたしの『大名古屋ビルヂング』 は消滅してしまいました。 だから取り壊しも そんなに感慨深くなかったりするのです。

 (なぜ気付くのが遅れたかというと、名駅前は地下街が発達していて 名古屋人は地下街を通って移動するので、地上の出来事には疎いのです。 映画館に行くにも地下街を通って行くので、どのビルに入ったかを知らないで映画を見ていたことも。 ビル同士も地下通路でつながっているし。)

 そんな『大名古屋ビルヂング』 で思い出に残っているのが、屋上にあった 『マイアミ』 というビアガーデン。
 当時の名古屋は、いまハワイでも人気の『アロハテーブル』 のゼットンとかイマナス亭とかの 「おしゃれ居酒屋」が全盛の時代で、ベニヤ板のハリボテで飾られた店内は どこも似たり寄ったりで記憶に残ってない。
 しかも名古屋を徘徊したのは、高校生でドルビーBつきのカセットウォークマンを持ち歩いた時代が中心で、大学からしばらくは東京にいたのでなおさらです。
 名古屋に帰省したときに連れて行かれた 『マイアミ』は、ハワイの『ボンダンス』 的なノスタルジーを感じさせて、すごく特別な感じ(オヤジくさいというのも含めて) でおもしろかったな。
 ナゴヤ球場(尾頭橋) の外野スタンド下の通路に通じるものがあった。

    そういやムッターハム1年分(ホームラン賞)は
      野球選手がうらやましかったなぁ。 どうでもいいかい。

 さよなら 『大名古屋ビルヂング』。
 さぁユニーのサイン会に行ってこ。 武志が来とるでねぇ。 来週のテルミナは 相楽ハル子だって。

【追記】
 スウィートプラザの真ん中に人が入れるような大きなのはどれくらい残っているんだろうと、メーカーの松風屋さんに聞いてみました。
 冒頭の佐世保玉屋をはじめ、九州や四国にはけっこう残っているみたい。
 東海では春日井リヴィン、関西では桃山近鉄だけだそう (関西と名古屋地区しか尋ねなかったので、東日本などは分かりません)。
 小型のものが主流になっているようです。
NOTAM
 福島第一原子力発電所で事故を起こしたのは、ゼネラルエレクトリック社(GE) の開発設計した沸騰水型原子炉ですが、その日本への導入の音頭をとっていたのが 読売新聞の正力松太郎であるという話を以前しました。

 これには、アメリカの謀略が隠されています。
 ちょうど原子力潜水艦の話もしましたが、アメリカ海軍が、初めての原子力潜水艦の動力用の原子炉を開発する際に、GE社とウェスティングハウス社(WH) に開発を競わせて、最終的にWH社の原子炉が採用されました。
 GE社の沸騰水型原子炉は、原潜に積めるほどの安全性が確認できなかったのです。

 しかし、採用されなかったGE社にも もちろん莫大な開発費が掛かっていたわけです。
 その開発費をどうやって回収しようかとなったときに、アメリカ政府は 「日本に買わせればいい」 という結論に達しました。
 それが福島第一原子力発電所でメルトダウンや水素爆発を起こしたりした1~5号機に使われていたGE製マークⅠ型の沸騰水型原子炉です。
 日本は アメリカに次いで多くのマークⅠ型原子炉を導入しました (ちなみにアメリカでは 大地震がほぼ想定されない東部地域にしかマークⅠ型を建設していない。 それは何を意味するのでしょうか)。

 被爆国として核アレルギーの強かった日本で、大地震や大津波が頻発する日本で、正力松太郎は あらゆる手を使ってマークⅠ型原子炉の輸入を承知させました

 ところが、もともと軍事機密の転用なので 日本側にはマークⅠ型の構造設計が一切知らされなかったのです。 「灰も畑にまけば農作物の殺菌に使える」 (正力松太郎)と言っているくらいなので、そもそも知識ゼロ、危機意識ゼロだったのかも知れません。
 原子炉というものがどういうものかすら分からないまま、アメリカに言われるがままに造られたのが、福島第一原子力発電所でした。

 原潜に積むためコンパクトにという設計思想があったために、立地型にした後も余裕がなく、水素爆発につながりました。

 メールで反米主義者かと言われましたが、わたしは親米家です。 ただ忠米派 (属国主義者)ではないということです。
 忠米派ほど愛国心を強調するのが気になるね。

世界中の空港で ビジネスクラス用ラウンジが 無料で使えるカード


JCB 『ハワイの風』 更新おしらせRSS

        ※  右上にこのブログ内記事専用の検索窓を付けてます。
          知りたい単語を入れて検索ボタンを押してみてください。

ハワイのお得な歩き方

ハワイのお得な歩き方 ハワイの格安旅行術わたしのサイトです。
  安心でお得なハワイ旅行の
 ための情報を満載しました。

              Keep the NorthShore COUNTRY
     Mahalo


 Comment to this entry 
★ From よしこ

こんばんはぁ♪

懐かしーっっ
めっちゃ懐かしいぃっ☆

くるくる回るの大好きでした!
(≧∇≦)

スィートプラザっていうんですか~
初めて知りました。

回転寿司と言い、
あの懐かしいクルクルと言い、
回るモノってなぜ子供心にときめくんでしょうねぇ~
不思議です☆

娘はまだどちらも知らないのですが
連れてってやれたらなぁ、と思います。

私が小さい時連れてってもらったクルクルも
行く度にどんどん規模が小さくなり
しまいには回らなくなって止まって売ってました…
f^_^;

意味ねぇ…

懐かしい商品とか流行ってますし
また復活してほしいです♪

昔ながらの駄菓子屋さんも少なくなりましたもんね…

さみしいです
(´。・ω・`)

2012.08.23.Thu / 21:55 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
★ From Makani

>よしこさん
はいたい

ラウンド菓子ともいうらしいよ。
なんだかキラキラしてたよねぇ。

回ってなかったら、漬物売り場と変わんない・・

というわけで、娘ちゃんのために
京阪で大きなのが残ってないか
メーカーに問い合わせしてみました。

桃山近鉄にあるそうですよ

2012.08.26.Sun / 20:06 / [ 訂正 ] / PAGE TOP△
(非公開)

(訂正用パスワード)
  管理者だけが読めるようにする
 Track back to this entry 
     スパムが多いので承認制にしました。
     言及リンクのない場合は、コメントを残してください。
       そうでない場合は削除することがあります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ローンカード特集 トラベルローン 女性ローン 海外キャッシング
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。